So-net無料ブログ作成

重さ10分の1 シワなし、派手…「スーツ」高機能化どこまで(産経新聞)

 スーツといえば働く男の定番。明治時代に上流階級のフォーマルスタイルとして流入し、戦後、サラリーマンの“作業着”として定着した。最近は洗濯機で丸洗いできたり体感温度を調節したりと、高機能スーツが続々と登場。将来、サラリーマンのスーツ姿は−。(小川真由美)

  [フォト]上戸彩も洗濯でPRするウオッシュスーツって?

 ◆明治期に定着

 服飾史家の中野香織さんによると、スーツは明治4年、岩倉具視らが開国日本にふさわしい服装として洋装を奨励する「洋服大評定」以後、本格的に流入した。ただ、洋服の歴史で見ると、下に長ズボンをはくスーツは仏革命後の19世紀以後に定着したスタイル。それまでの400〜500年間は、男性は上にマント、下は半ズボンやタイツ姿で、“脚線美”を競っていたというから驚きだ。

 明治期は3つボタンで襟が小さめな英国スタイル。ただ、下着や靴、帽子をそろえる必要があるため、上流階級に限られた。広く国民にスーツが定着したのは戦後の高度成長期時代だ。

 そして現代。紳士服最大の衝撃は平成17年のクールビズだ。オンワード樫山マーケティング開発部の黒部和夫課長は「国が庶民の格好に言及したのは、明治時代の洋装化と戦中の国民服、そしてクールビズの3回。クールビズの影響で、環境に負荷をかけないスーツが一気に広まった」。

 具体的には、温水シャワーで汚れを洗い流す「シャワークリーンスーツ」(コナカ)や、着用時の体感温度を25℃に調節する「プレミアムサーモスタットスーツ」(AOKI)など。オンワード樫山は昨年末、土に埋めて約1年で金属部品以外がすべて分解される「生分解スーツ」を提案。「洋服の青山」を展開する青山商事は5月初旬、携帯型ジャケット「ポケッタブル&ウォッシャブルジャケット」を発売する。裏地のファスナー付きの袋に三つ折りにして収納でき、そのまま洗濯機で洗うことも可能だ。ウール100%だが、防シワ加工技術の向上でシワがつきにくくした。

 ◆軽くてカラフルに

 未来のスーツは−。

 まずは生地。東洋紡テクノウールの吉岡嘉彦マネジャーは、重さが現在の10分の1、ストレッチ性も遙かに高いスーツが定着すると予測する。「スーツでゴルフができる」(吉岡さん)。今のスーツの重さは50年前より約3割減った。50年後には、一般的な夏用スーツ(約700グラム)が今のワイシャツ(約70グラム)程度にまで軽くなる。

 シワも解消しそうだ。ウールの分子構造の研究が進むと、半永久的に生地にかなりの圧力をかけてもシワができないスーツが登場する。つまり、ハンガーがいらず、小さく畳んで収納できる。

 そして、デザイン。三陽商会紳士服事業部の阪本直也・部長補佐は「資本主義社会では、スーツはビジネススタイルにおける世界唯一の共通ルール。社会が激変しない限り、色や形は変わらない」と予想。一方で、羽田孜元首相がアピールした“省エネルック”の半袖スーツの可能性を指摘する。「地球温暖化が進み、米大統領が正式な環境政策として半袖スーツを提唱すれば認知されるかも」

 オンワード樫山の黒部さんはもう少し?現実的だ。

 「今の若い男性はカラフルな色が多いカジュアルな服装に慣れ、メンズ用化粧品など好みが女性化している。明るい色や柄に抵抗感がなく、同時に少子高齢化でアンチエイジング願望も強まる。将来は鮮やかなブルーとか花柄の派手なスーツを着たオジサンがいっぱいいるよ」

 総合すると、仕事帰りに派手なスーツ姿のサラリーマンがゴルフ場でクラブを振る?

【関連記事】
低価格高機能スーツ 販売好調 洗える・臭わぬ…維持費も節約
銀座スーツ戦争 都心攻略へ初出店 百貨店と対決
「就活」男子学生の身だしなみ ライオンがシワ取りスプレー拡販へ 
2010福袋 さあ何を買う? 草食から肉食へ変身 「〜男子」編
上戸彩が白衣とスーツ姿で悩殺!

ひたすら「適正処理」 言い逃れ繰り返す小沢氏 土地取引疑惑も強気崩さず (産経新聞)
<食品安全委>こんにゃくゼリー「事故頻度はあめと同程度」(毎日新聞)
新成人が佐世保市長にヤジ「一発芸しろ」(スポーツ報知)
<オーストリア大宮殿展>入場者が20万人突破(毎日新聞)
B&G財団 水難事故撲滅 ノウハウ学ぶ(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。