So-net無料ブログ作成
検索選択

公明党、比例で候補者名の投票呼びかけへ方針転換(読売新聞)

 公明党は28日の中央幹事会で、今年夏の参院比例選で原則として党名での投票を呼びかける方針を撤回し、従来通り地域ごとに割り振った「重点候補」の名前での投票を認めることを決めた。

 地方組織の強い要望を受け、方針を転換した。

 井上幹事長が中央幹事会で「これまで『公明党』を前面に立ててきたが、各地域から重点候補を決めてほしいとの要望があり、検討を始めたい」と報告し、了承された。

 参院比例選は非拘束名簿式で行われており、党名、候補者名いずれでも投票できる。公明党は過去3回の参院選で候補者名での投票を呼びかけてきたが、今回は擁立が遅れたことなどから、党名投票を呼びかける方針を決めた。

 しかし、保守層を取り込むためには、候補者名による投票の方が有利だとして、九州地区が昨年末から地元出身の新人候補の名前での投票を呼びかける方針で活動を開始するなど、党内から反発が出ていた。

漫画全巻販売がヒット 大学院の経験生かす(産経新聞)
鳩山首相、新名護市長「お会いできるときにお会いしたい」(産経新聞)
4億円の原資、説明変えた理由語らず…小沢氏(読売新聞)
500系のぞみ最終列車に乗ろう=夜行急行「能登」も−日本旅行(時事通信)
黒澤明財団への寄付金、3億8800万円不明(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0